中古住宅には消費税がかからない?

2014年に8%に引き上げられた消費税が、2019年には10%へと引き上げられることが決まっております。それにより、消費税の引き上げ前にはあらゆる商品の駆け込み需要が高まると予測されています。

住宅業界においても増税前の駆け込み需要は常々話題となっており、増税前に購入したいと考えている方も少なくはありません。

しかし、中古住宅に関しては消費税がかからないという話をご存知でしょうか?消費税は業者が提携する商品はサービスに対して課されるものですので、個人が売り主である場合には課税されません。そのため、住戸住宅の多くは一般個人同士でのやりとりとなるケースがお多いため、売買価格には消費税がかからないと言われています。

とはいえ、中古住宅は不動産仲介業者を介して取引をすることが多いのが現状です。その場合、不動産仲介業者へ支払う仲介手数料は消費税の台頭となるので課税されることになります。

仲介手数料は売買価格の3%+6万円が上限なので、その消費税を考えると新築住宅にかかる消費税に比べると金額は大きくはありません。

ただし、不動産会社が売り主となって中古住宅を売却している場合には消費税がかかりますので、その点に関しましては十分ご注意ください。中古住宅の購入にあたっては、消費税の他にも注意をすべき点が非常に多いため、確認を怠ることがないようお気を付けください。