中古住宅の購入と図面の必要性

中古物件を購入する場合、対象の物件に図面がないというケースが多々あります。設計図書があればベストですが、間取り図しかないという場合もあり、保存状況はマチマチです。

中古物件を購入するにあたり、図面は必要なのでしょうか。

中古物件を購入する前に、建物調査を行う場合があります。この調査において、図面が揃っていれば、ある程度のことが事前に調べることができます。しかし、図面が全くないような場合は、現地で物件を確認するしかありません。現地での調査では、目視検査が主になることから、図面がないからといって調査ができないわけではありません。なくても建物調査はできますので、購入後に普段の生活を行うということに特段支障をきたすということはないのです。

リフォームやリノベーションを行う場合については、図面があるに越したことはありません。ですが、間取り図も無いような場合であったとしても、現状の図面は、実寸を測定することで作成することは可能です。この図面を書いてもらうという作業でリフォーム料金が何十万円もあがるということもなく、費用としてもわずかに高くなるという程度です。確かに図面や設計図書があれば、より正確なプランを作成することは可能ですが、古い物件であれば、実際に工事がはじまり、壁を取り壊してみたら、図面通りでなかったという場合も多々あります。特に、かなり昔の物件になってくると、大工さんが、計算や図面をそのあたりの木材に、その場で書きながら建築している建物も多くあります。図面が最初から存在しないという場合も考えられるのです。

しかし、検査済み証は絶対に在ってほしい書類になります。こちらの書類は、公の検査を受けた証明になる資料です。あれば、建物が安心できるものかどうかを判断できる大きな材料となります。この書類もかなり古い物件になってくると無い場合が多いです。

このようなことから、リフォームや電気配線の絡むような工事をする場合を除けば、図面を使う機会はほぼありませんので、図面が無いからといって、その中古物件を購入対象から外すという必要性はないといえます。図面が無いから買えないのであれば、買えない家ばかりになってしまいます。

図面のあるなし関係なく、また中古住宅や新築住宅といった物件の状態に限ったことでもないのですが、建物を長らくもたせようと考えると、定期的に費用をかけてメンテナンスをおこなう維持管理が重要になります。人間の身体と同じで、人間ドッグなどで診断を受け、何かあれば治すことと同じだといえます。図面のあるなしで悩まず、いかにメンテナンスを行い、物件の寿命を延ばすかということが大事であり、図面は物件購入時に必ず必要というわけではないのです。