中古住宅を購入するのは不安がある?

中古住宅を購入するか、新築住宅を購入するか悩まれたときは、当然新しく綺麗な方が
良いですし中古物件よりも新築の方が、丈夫だし長持ちしそうなイメージを持たれる方は
多いですよね。
ですが、最近では中古住宅のメリットが住宅購入者からとても注目され始めています。
当然中古物件ですので、価格の面では新築住宅よりも購入しやすいという面があります。
それ以外にも中古住宅のプラス面が広まりつつあることや、敬遠される理由の一つの建物
の経年劣化などのリスクヘッジをする方法が広まってきたことが要因のようです。
 中古住宅の良い点は、同規模の新築住宅と比べて安く買えることですよね。
それに加えて中古住宅であれば、新築購入と同じ費用をかけるとしたら更に広い敷地面積
や、広い住宅を購入できるともいえますね。
住宅を購入するということは、高額の費用がかかるということですので、その予算が「買
う・買わない」の判断を左右することは当然ですので、費用が高い低いはメリットに直結
していると言えます。
 更に、中古住宅を購入するにあたってどうしても気になってしまう「経年劣化」。
昔は、自分の目で見て劣化具合を判断して購入され、購入後に見えない劣化が判明して購
入を後悔してしまうということもあったかと思います。
ですが、最近では第三者の住宅診断(ホームインスペクション)が普及しており、専門家
に中古住宅を診断(劣化・耐久性など)してもらうことで、確かな中古住宅の現状を知る
ことができるので安心して購入できるようになりました。
 不安視されている、「経年劣化しているかもしれない中古住宅を購入して大丈夫か?」
ということについては、住宅診断を利用することで、安心して購入が出来るようになった
と言えますね。