住宅購入時の頭金20%と注意点

自分の城であるマイホーム、あこがれるものです。注文住宅に興味があり、なんとなくハウスメーカーの展示場に行って見学してみると、本当に夢のマイホームが手に入ったような気がして、家が欲しくなってしまいます。営業さんと話していて住宅ローンのシュミレーションなんかを見ると、これくらいなら支払えそうだなと、目の前にマイホームがちらつきはじめたって人もいるのではないでしょうか。ですが、少し冷静に考えてみてください。頭金用意できるでしょうか?

「頭金なんてなくても買えるし、住宅ローンも組めるから何とかなるだろう」などと考えている方もいるかもしれませんが、実際のところ頭金がなければどうでしょうか。

今回は、住宅購入時の頭金の考え方について、ご紹介いたします。

・頭金は住宅価格の20%以上用意したい

住宅を購入する場合、総費用の20%以上にあたる頭金は用意しておきたいものです。その理由は3つあります。

(理由1)

頭金が用意できるのと、用意できないのとでは、住宅ローンの選択肢が大きく変わってきます。頭金が全く用意できない場合は、選べる金融機関が限られてきます。フラット35を利用する場合でも違いがでてくるのです。有利な住宅ローンを組もうと思えば、まずは頭金を20%以上は確保するようにしましょう。

(理由2)

住宅を購入したものの、なんらかのトラブルで自宅を手放さなくてはならない事態に陥ってしまうということがあります。住宅の値段は、年数とともに下がっていきますが、下降の仕方は思っている以上に早く、売却金額が融資残高を下回ることは十分に考えられます。融資残高が3,000万円なのに自宅が2,500万円程度でしか売れないなんてことも。そうなると、差額500万円を用意しないと住宅ローンはなくなりません。自宅を売却した後、賃貸で住むようになれば、家賃と住宅ローンを二重でしばらく支払っていくことになり家計がかなり圧迫されます。頭金を20%以上用意できていれば建物価格よりも支払残高が多くなるというリスクは限りなく低くなります。

(理由3)

支払開始して数年後、住宅ローンの金利の安いローンが見つかったりすると、そちらに借り換えたほうが、総支払額で得になる場合があります。ですが担保割れしていれば、利用できる住宅ローンが限られてきます。借入金額の比率が高いと、選択肢が狭まることが考えられます。

・これまで頑張って貯めてきた預貯金、全額を頭金に使っていいのか?

預貯金が多くある場合ですが、購入を本格的に検討始めると、頭金と支払のバランスについて考える必要がでてきます。実際に預貯金が1000万円あったとしたら、頭金をそこから捻出する場合、全部つぎ込んでしまってもいいのでしょうか?預貯金から頭金にいくら充てるかの検討ポイントを3つご紹介します。

(ポイント1)

住宅を購入すると、色々な諸費用や税金の支払いが必要になってきます。また、家は建てることができたとしても、家財道具や家電の購入など、引越しにかかるお金は想像以上にかかります。概ね10%程度のお金は必要になってきますので、ローンを検討する際に、それらの費用を考えずに頭金に投入してしまうと、後でそれらの費用に回すお金に困ることになります。ローン計画時に、それらの費用を残すことを忘れないようにしましょう。

(ポイント2)

生活をしていると、何らかのイベントが発生し、思わぬ出費が必要になる場合があります。そのため、予備資金を残しておく必要があります。予備資金は概ね3ヶ月分から6ヶ月分が好ましいと言われています。月に30万生活費がかかっているのなら、30万円×6ヶ月=180万円を確保しておく必要があります。住宅ローンの支払いを開始すると3ヶ月分では、何かがあった場合に焦りがでてきますので、直近のライフイベントも考慮しつつ6ヶ月分を目安に確保しましょう。頭金はそれを見込んで、バランスのより金額を設定しましょう。

(ポイント3)

住宅購入後、ローンの支払いが始まると、出費がその分増えてきます。そのため、給料からお金を残せる金額がどうしても減ってしまいます。今後の人生を考えると、教育資金や老後資金などライフイベントに合わせてお金が必要となるシーンは沢山あります。収入の将来性など考え、住宅ローンの支払い開始後に貯蓄が全然できないようであれば、頭金の投入額を増やし、月々の返済額を少なく設計したり、物件価格を下げるなど考慮したうえで、頭金を検討するようにしましょう。

住宅ローンを組む際の頭金の考え方についてご紹介しましたが、一番のポイントは、無理なく支払っていきながら、いざというときの用意ができるかということです。専門家に相談したりして、頭金を調整してみましょう。