売主が不動産業者の場合の瑕疵担保責任

中古物件の売主が不動産会社である場合の特徴についてお話しします。

というのも、中古物件の取引において、基本的に売主には瑕疵担保責任がありますが、個人対個人取引の場合と、

企業対個人取引の場合で責任期間が異なります。

具体的にどの程度違うかというと、

個人対個人の場合は引き渡しから3ヶ月、

企業対個人の場合は引き渡しから最低2年(以上)

という違いがあります。

不動産会社が売主である場合、リフォーム済み中古物件の購入がしやすいというメリットがあると同時に、

物件の問題点が表面だけ対処されて隠されてしまっている可能性も0ではありません。

ですが、不動産会社が売主である場合においては、期間が長く、引き渡しから最低2年間が一般的になりますので、

買主の立場から見たとき、非常に買主が安心できるメリットの一つだと言えますね。

特に中古物件となれば購入してから様々な問題が発生する可能性がありますし、リフォームがされていると、

建物の状態を把握しづらいというのは事実としてあります。

物件購入後のトラブルを防ぐべく、第三者による住宅診断や物件見学は

しっかりと行う必要があると言えます。