建て替えや買い替えが心配?中古住宅のあれこれ

中古住宅の購入を考えている買主様のなかには、中古住宅は長持ちしないという理由で将来の建て替えや買い替えを心配している方も多いのではないでしょうか。

ですが実際は、購入を考えている中古住宅を建てた当時の施工の品質や今日までのメンテナンスなどの要因で、その住宅が長持ちするのかしないのかは大きく異なってきます。

 早期に建て替えが必要になる場合の多くは、新築時の工事がひどい内容で、メンテナンスも良くされておらず、コストや手間をかけずに時が過ぎて行った住宅です。

そういった住宅だと、中古で購入して20年もしたら建て替えなくてはいけなくなったなどということも少なくありません。

逆に、施工品質がしっかりした新築工事で、コストをかけてメンテナンスなどもしっかりされている住宅は、されていない住宅と比べてとても長持ちするのです。

 構造がしっかりとしている築30年の中古物件であっても、屋根や外壁をしっかりとメンテナンスしていれば、30年経ったとしても中古住宅でも良い状態を保てるということです。

 気を付けなければいけないのは、建物の状態が良くない中古住宅を購入してしまうと、住宅を長持ちさせるということは非常に困難になりますので、補修・回収などで高額な費用がかかってしまわないように、購入前にしっかりと確認しておかなければなりません。

 最近では、住宅診断(ホームインスペクション)を利用される方が増えてきました。

住宅診断とは、建物の劣化具合などを専門家に調査してもらうことです。

中古物件を購入時に、先を考えて現状を確認したければ住宅診断を利用されることをお勧めいたします。

大事に住んでいくことも住宅を長持ちさせる方法ですが、中古物件の場合は今まで大事にされてきたかも重要になってくるということですね。