CATEGORY

中古物件

中古住宅+住宅検査(住宅診断)という選択

日本では、どちらかといえば中古住宅よりも新築住宅が選ばれているのが現状です。最近では新築住宅のローコスト化が進んだ結果、中古住宅ではなく新築住宅を購入する方が増加している様子も見受けられます。 そんな […]

経験からから語る中古一戸建て建物調査

中古の一戸建てを購入する場合に、住宅診断をせずに購入に至ってしまうと、後で大変なことになってしまうような場合があります。中古住宅で特に気を付けたいのは、床下部分の木材の劣化やシロアリです。これらは、深 […]

物件見学はなるべく多く

中古商品は『一点もの』という言い方をよくします。古着であってもそうですし、自動車であってもそうで、住宅についても同様に言えます。 中古商品の購入経験のある方では、色々と見ていても、結局最初に気にいった […]

要チェック!中古物件の瑕疵担保責任

中古物件を購入する際には、もれなく瑕疵(かし)担保責任について確認してください。 瑕疵とは、所謂キズのようなことを指し「本来あるべき機能が損なわれている」という状態です。 つまり瑕疵担保責任とは、売買 […]

売主が不動産業者の場合の瑕疵担保責任

中古物件の売主が不動産会社である場合の特徴についてお話しします。 というのも、中古物件の取引において、基本的に売主には瑕疵担保責任がありますが、個人対個人取引の場合と、 企業対個人取引の場合で責任期間 […]

中古住宅の購入と図面の必要性

中古物件を購入する場合、対象の物件に図面がないというケースが多々あります。設計図書があればベストですが、間取り図しかないという場合もあり、保存状況はマチマチです。 中古物件を購入するにあたり、図面は必 […]

中古住宅購入のチェックポイントと注意点

中古物件の購入を決めた際には、契約を交わす前に必要書類の内容をしっかりと確認しておくことが大切です。とはいえ、契約書類には重要なことが数多く書かれている分、その場で全てに目を通すことは容易ではありませ […]