住宅診断

インスペクションで、住宅の「現状」を知る。

中古住宅の購入を検討するとき、耐震性や住宅の性能、劣化具合などが気になることでしょう。これらの不安が軽減できるように、住宅の専門家が劣化状況や耐震性などを診断するインスペクション(調査)や、保険や保証の有無、維持管理の履歴といった情報提供を行う流れの整備が進んでいます。


インスペクションとは、建築士などの住宅の専門家が、目視により屋根、外壁、室内、床下などの劣化状態を診断するものです。これにより、住宅の売買前に、より詳細な調査や修理の必要性を把握することができます。また、住宅売買時だけでなく、定期的に受けることで、住宅の適正な維持管理の目安となり、資産価値の維持・向上にもつながります。

「住宅性能表示制度」は、共通のモノサシ。

インスペクションが住宅の現状を把握し、維持管理のための目安を示すのに対し、国の共通基準である「住宅性能表示制度」があります。この制度を利用することで、耐震性、省エネ性、メンテナンス性など、目に見えない住宅性能の客観的評価を得ることができます。人間の身体でいえば健康診断のカルテ、自動車でいえば車検証のようなもので、より安心して暮らすための「住まいの証明書」と言えます。

専門知識がない建主でも、心配いりません。

「住宅性能表示制度」では、住宅性能を大きく10項目に分けており、各項目を基準が明確な等級で評価します。建主が住宅の仕様を工務店に依頼すると、設計図の審査、建築中の検査を経て、合格すると鑑定書が出されます。これからの審査は第三者機関が厳重に行うため、これさえあれば、希望通りの性能が担保された、安全・安心な住宅に住むことができるのです。

建主にも、売主にも、メリットのある客観的評価。

インスペクションや住宅性能表示制度は、中古住宅の現状を把握し、その価値を客観的に評価する上で大変有効な手段です。


建主にとっては、資産の観点からみてもメリットが大きく、調査等にかかる費用は、各種補助金や税制優遇、光熱費などの削減により帳消しにできる程度です。また、住宅の品質や耐震性が確証されるため、住宅ローンや地震保険の優遇措置を受けられるという金銭的なメリットもあります。


また、売主にとっては、住宅の品質を明確にすることで、住宅の価値を高めることができます。第三者基準によって性能が担保されていることは、信用にもつながります。


まずはインスペクションを受けることで、あなたの住宅の状態を「知る」ことからはじめてみませんか。

メールでのお問い合わせ

専用フォームより
お問い合わせください。

専用フォーム

お電話でのお問い合わせ
053-588-6677
(受付時間 平日 10:00~19:00)